PLEASE SMILE AGAIN

iphone4dockingstation.net

キャッシングにまつわる情報をネット検索す…

キャッシングにまつわる情報をネット検索すると、主婦向けとか女性向けという情報が出てきます。

主婦や女性、レディースという名称のものは、主婦・女性のために考えられたものです。

根本的な使い方は異なりませんが、女性用とうたっているキャッシングには以下のような良さがあります。

・スタッフが女性なので安心

・女性限定のプレゼントや特典などのサービスが設けられている

・細かい配慮により抵抗感が減り、気軽に利用できる

そもそも一般的なキャシングとは何が違うのか疑問に感じる人もいるでしょうが、ずばり言うと使い方に大きな違いはありません。

各会社ごとに設けられた審査を通って利用できることがきまれば融資、その後あらかじめ決められた期日に定期的に返済していくということになります。

女性向けといっても、格段に利息が少なくなることもありませんよ。

それでは主婦・女性向けキャッシングの意味はどこにあるのでしょうか?

金融機関名を名乗る男性から電話が掛かってくるだけで、威圧感を抱く人はいます。

そんな気が弱い女性でも、女性の声で応対してくれると、わかっていれば、問い合わせをするときにも緊張せずに済みますよね。

キャッシングは利息のパーセンテージが大きいという印象をお持ちの方が多いと思いますが、緊急事態が起こった月にスピーディーに借りられると助かります。

とり急ぎ子供が塾に通うために多少使って、その翌月は冠婚葬祭に使うなど、どんな使い道でもOKです。司法書士事務所

コメントは受け付けていません。

かなりの給料をもらっていても所詮サラリー…

かなりの給料をもらっていても所詮サラリーマンでは生涯所得はたかだか知れています。やはりその中で、自分の家にどれだけのお金が掛けられるのかが、その人のお金持ち度の基準になります。

わたしは裕福な家庭で育っています。父は年収2000万で、私はなにも困ることなく生活していました。

お金というものは人と同じで大切にしてくれる人の元によって来ると言うこと。それで、お金は寂しがり屋だから、沢山仲間が居るところによって来るように思います。

例外もあるかと思うのですが、その人が金もちかどうかということは住居のレベルでほとんど判ってしまうのではと思います。

お金を貸した人の中でも嫌味な人とそうでない人がいます。私の親戚などはとてもよくお金を持っていない人が集まってお金の貸し借りをよくやっています。

私の家庭の家計ですが平均的な年収から考えてそれ程貧乏ではないと思っていますが、何だかんだで子供の養育費とか車の維持管理費や洋服などを購入すれば家に使えるお金は全然ありません。

一番何が大事かといわれれば金だろうと言い切れます。それはなぜか?お金がありさえすれば殆んどのことはこの世の中解決でき、幸せになれるからです。

カードローン即日

コメントは受け付けていません。

どんなに給料をもらっていても所詮サラリーマン

どんなに給料をもらっていても所詮サラリーマンでは一生涯で稼ぐ金額は限界があると思います。やっぱり家にどれだけのお金が掛けられるのかが、どれ位資産を持っているのか?の基準になります。

よく言われますがお金は人間関係と同じで、大切にしてくれる人の元によってきます。そして、お金は寂しがり屋だから、友達が沢山いるところによって来るように思います。

大学を卒業してから今までに、会社勤めをして収入を得てきましたが感覚的には実際の収入は自分の印象とは全然違うような感じがします。

私のうちも世間一般からみても決してお金がないほうではないと思うのですが、子供の養育費と車にお金をかけて、ブランド物の洋服やバッグを購入すると家にかけられるお金は足りないことが殆んどです。

金を貸した人によって苦手な人とまったく逆な人がいます。あたしの親戚はとてもよく貧乏人ばかりが集まって借金をしています。

個人的な考えですが大事なのはお金だと考えています。どうしてかというと、お金があれば殆んどのことは解決できて幸せになれるからです。

お金持ちと言われる人は、お金を溜め込んでいるわけではありません。ついいらないものをかってしまう無駄使いをしないようにしているのです。カードローン審査ガイド

コメントは受け付けていません。

見栄っぱりでギャンブル好きな義理父

ギャンブルにのめりこみ、親戚や知人から借金をしては返済せず、返しもしないのに新たな借金を申し込む。

これの繰り返しをしている知人がいます、すべてギャンブルにはまっている人です。

自分を絶対的に妄信してどんどんギャンブルにつぎ込んでゆくため、当たり前のように大負けます。

たまに勝っても高級寿司を注文するなど豪遊してしまうためすぐに無くなくなり、また知人や親戚をまわるループから出られないようです。

この手の人間に「おまえんちはなんてショボイ食生活なんだ、ギャハハ」と笑われたことがあります、義理の父ですが。

そんな愚かな義理父、お金を貸してくれなくなった私には用がない、といわんばかりに徐々に離れてゆきました。

しかし親戚や知人からも貸してもらえなくなったようで、とうとう闇金融に手をだしたようです。

今まで返済なんて考えたこともない義理父、もちろん今回も返しません。

しかしいつもとは違います、今回はちゃんと返済を求める取立てがやってきます。

一日に何度となくやってくる取立て、見栄っぱりな義理父は近所の目を気にしていましたが、お金がないのでどうしようもありません。

もうなすすべも無く、体裁を投げすてて親戚や知人を回ったようですが、やはり誰も貸してくれず。

追い込まれた義理父はとうとう娘の名義で消費者金融から借金をし、返済にあてました。

ここで借りた娘の借金は、任意整理だかなんだかで返済しているようです。

借りたらちゃんと返しましょうね、義理父さん。

キャッシング体験談

コメントは受け付けていません。

日本人のお金に関する先入観と思い込み

私はお金を稼ぐことは悪いことだという考え方が蔓延しているように感じる。
確かに小金持ちの中には嫌なお金の使い方をする人が存在する事実もあります。
例えば、お金を払っているからといって店員に対して横柄な態度を取ったり
奢るからと言って無理に飲ませたりするような人です。
しかし、昔から「金持ちけんかせず」というように
お金を持っていない人よりもお金を持っている人のほうが
心や態度に余裕があります。
お金というのはシンプルなもので
自分が提供した価値に対して発生するものです。
もちろん詐欺など価値の無いものでお金を取ろうとする人も居るかもしれませんが
一般の商売であれば必要性があったり
自分がいい思いをするモノやサービスでなければお金を払いたくないというのが
普通の感覚ではないかと思います。
自分がこんなに頑張っているのに稼げないという人たちが
何かズルをしているのではないかという妬みから
お金を稼ぐことは悪いことだという考えに至っているのではないかと思えてなりません。
しかし、実際にお金持ちの人にあって、話をしてみると
普通の人がしていないような苦労をしていたり努力をしていることがほとんどだと感じます。
事実、稼いでいる企業ほど福利厚生も充実している傾向にありますし
国に収める税金も多いわけです。
お金を欲しいと思っているのに
何もしていない人が
お金をもらうにふさわしい価値を社会に提供している人たちを
批判するのは絶対に間違っていると思います。
社会に対して
価値を提供してさえいれば
賃貸オーナーのように一見労働しているように見えなくとも
お金を得る権利がありますし
お金を払う人がいるということは社会的に価値があるということではないでしょうか。
お金を稼ぐことに罪悪感を感じている限り
社会に大きく貢献することは難しいと思います。
プロミス借入をするならWEB契約が便利です!

コメントは受け付けていません。

その手で天下がとりたからう…

その手で天下がとりたからう。
ワッハッハ。
秀吉は頗るの御機嫌だ。
ニヤリと如水の顔を見て、どうだな、チンバ、茶の湯の効能といふものが分らぬかな。
お主はきつい茶の湯ぎらひといふことだが、ワッハッハ。
お主も存外窮屈な男だ。
俺とお主が他の席で密談する。
人にも知れ、憶測がうるさからう。
こゝが茶の湯の一徳といふものだ。
なるほど、と、如水は思つた。
茶の湯の一徳は屁理窟かも知れないが、自在奔放な生活をみんな自我流に組みたてゝゐる秀吉に比べると、なるほど俺は窮屈だ、と悟るところがあつた。
ところが、愈小田原包囲の陣となり、三ヶ月が空しくすぎて、夏のさかり、秀吉の命をうけて如水は家康を訪問した。
このとき、はからざる大人物の存在を如水は見た。
頭から爪先まで弓矢の金言で出来てゐるやうな男だと思ひ、秀吉が小牧山で敗戦したのも無理がない、あのとき俺がついてゐても戦さは負けたかも知れぬ、之は天下の曲者だ、と、ひそかに驚嘆の心がわいた。
丁度小牧山合戦の時、折から毛利と浮田に境界争ひの戦乱が始まりさうになつたから、如水は秀吉の命を受け、紛争和解のため中国に出張して安国寺坊主と折衝中であつた。
親父に代つて長政が小牧山に戦つたが、秀吉方無残の敗北、秀吉の一生に唯一の黒星を印した。
なるほど、ふとりすぎた蕗みたい、此奴は食へない化け者だ、と家康も亦律義なカサ頭ビッコの怪物を眺めて肚裡とりに呟いた。
然し、与くみし易いところがある、と判断した。

コメントは受け付けていません。

小田原は早雲苦心の名城で…

小田原は早雲苦心の名城で、謙信、信玄両名の大戦術家が各一度は小田原城下へ攻めてみながら、結局失敗、敗戦してゐる。
けれども、秀吉は自信満々、城攻めなどは苦にしてをらぬ。
微募の兵力、物資の輸送、数時間にわたつて軍議をとげたが、秀吉の心信事は別のところにある。
小田原へ攻め入るためには尾張、三河、駿河を通つて行かねばならぬ。
尾張は織田信雄のぶかつ、三河駿河遠江は家康の所領で、この両名は秀吉と干戈かんかを交へた敵手であり、現在は秀吉の麾下きかに属してゐるが、いつ異心を現すか、天下万人の風説であり、関心だ。
家康の娘は北条氏直の奥方で、秀吉と対峙の時代、家康は保身のために北条の歓心をもとめて与国の如くに頭を下げた。
両家の関係はかく密接であるから、同盟して反旗をひるがへすといふ怖れがあり、家康が立てば信雄がつく、信雄は信長の子供であるから、大義名分が敵方にあり諸将の動向分裂も必至だ。
さて、チンバ。
尾張と三河、この三河に古狸が住んでゐるて。
お主は巧者だが、この古狸めを化かしおはして小田原へ行きつく手だてを訊きたいものだ。
古狸の妖力を封じる手だてが小田原退治の勝負どころといふものだ。
ワッハッハ。
さうですな、と如水はアッサリ言下に答へた。
先づ家康と信雄を先発させて、小田原へ先着させることですな。
之といふ奇策も外にはありますまい。
先発の仲間に前田、上杉などゝいふ古狸の煙たいところを御指名なさるのが一策でござらう。
殿下はゆる/\と御出発、途中、駿府の城などで数日のお泊りも一興でござらう。
しくじる時はどう石橋を叩いてみてもしくじるものでござらうて。
このチンバめ!と、秀吉は叫んだ。
彼が寝もやらず思案にくれて編みだした策を、言下に如水が答へたからだ。
お主は腹黒い奴ぢやのう。
骨の髄まで策略だ。

コメントは受け付けていません。

狡智無類…

狡智無類、行動は天下一品速力的で、心の許されぬ曲者だ、と言つた。
この話を山名禅高が如水に伝へたから、如水は引退の時だと思つた。
家督を倅せがれ長政に譲りたい、と請願に及んだが秀吉は許さぬ。
アッハッハ、ビッコ奴、要心深い奴だ、困らしてやれ。
然し、又、実際秀吉は如水の智恵がまだ必要でもあつたのだ。
四十の隠居は奇ッ怪千万、秀吉はかうあしらひ、人を介して何回となく頼んでみたが、秀吉は許してくれぬ。
ところが、如水も執拗だ。
倅の長政が人質の時、政所まんどころの愛顧を蒙つた。
石田三成が淀君党で、之に対する政所派といふ大名があり、長政などは政所派の重鎮、さういふ深い縁があるから、政所の手を通して執念深く願ひでる。
執念の根比べでは如水に勝つ者はめつたにゐない。
秀吉も折れて、四十そこ/\の若さなのだから、隠居して楽をするつもりなら許してやらぬ。
返事はどうぢや。
申すまでもありませぬ。
私が隠居致しますのは子を思ふ一念からで、隠居して身軽になれば日夜伺候し、益々御奉公の考へです。
厭になるほど律儀であるから、秀吉も苦笑して、その言葉を忘れるな、よし、許してやる。
そこで黒田如水といふ初老の隠居が出来上つた。
天正十七年、小田原攻めの前年で、如水は四十四であつた。
ある日のこと、秀吉から茶の湯の招待を受けた。
如水は野人気質であるから、茶の湯を甚だ嫌つてゐた。
狭い席に無刀で坐るのは武人の心得でないなどゝ堅苦しいことを言つて軽蔑し、持つて廻つた礼式作法の阿呆らしさ、嘲笑して茶席に現れたことがない。
秀吉の招待にウンザリした。
又、いやがらせかな、と出掛けてみると、茶席の中には相客がをらぬ。
秀吉がたつた一人。
侍臣の影すらもない。
差向ひだが、秀吉は茶をたてる様子もなかつた。
秀吉のきりだした話は小田原征伐の軍略だ。

コメントは受け付けていません。

 見透しは如水の特技であるから…

見透しは如水の特技であるから、之は引退の時だと決断した。
伊達につけたるかカサ頭、宿昔青雲の志、小寺の城中へ乗りこんだ青年官兵衛は今いづこ。
秀吉自身、智略にまかせて随分出すぎたことをやり、再三信長を怒らせたものだ。
如水も一緒に怒られて、二人並べて首が飛びさうな時もあつた。
中国征伐の時、秀吉と如水の一存で浮田と和平停戦した。
之が信長の気に入らぬ。
信長は浮田を亡して、領地を部将に与へるつもりでゐたのである。
二人は危く首の飛ぶところであつたが、猿面冠者さるめんかじゃは悪びれぬ。
シャア/\と再三やらかして平気なものだ。
それだけ信長を頼りもし信じてもゐたのであるが、如水は後悔、警戒した。
傾倒の度も不足であるが、自恃の念も弱いのだ。
如水は律儀であるけれども、天衣無縫の律儀でなかつた。
律儀といふ天然の砦がなければ支へることの不可能な身に余る野望の化け者だ。
彼も亦一個の英雄であり、すぐれた策師であるけれども、不相応な野望ほど偉くないのが悲劇であり、それゆゑ滑稽笑止である。
秀吉は如水の肚を怖れたが、同時に彼を軽蔑した。
ある日、近臣を集めて四方山話の果に、どうだな、俺の死後に天下をとる奴は誰だと思ふ、遠慮はいらぬ、腹蔵なく言ふがよい、と秀吉が言つた。
徳川、前田、蒲生、上杉、各人各説、色々と説のでるのを秀吉は笑つてきいてゐたが、よろし、先づそのへんが当つてもをる、当つてもをらぬ。
然し、乃公だいこうの見るところは又違ふ。
誰も名前をあげなかつたが、黒田のビッコが爆弾小僧といふ奴だ。
俺の戦功はビッコの智略によるところが随分とあつて、俺が寝もやらず思案にくれて編みだした戦略をビッコの奴にそれとなく問ひかけてみると、言下にピタリと同じことを答へをる。
分別の良いこと話の外だ。

コメントは受け付けていません。

中国征伐…

中国征伐、山崎合戦、四国征伐、抜群の偉功があつた如水だが、貰つた恩賞はたつた三万石。
小早川隆景が三十五万石、仙石権兵衛といふ無類のドングリが十二万石の大名に取りたてられたのに、割が合はぬ。
秀吉は如水の策略を憎んだので故意に冷遇したが、如水の親友で、秀吉の智恵袋であつた竹中半兵衛に対しても同断であつた。
半兵衛は秀吉の敵意を怖れて引退し、如水にも忠告して、秀吉に狎れるな、出すぎると、身を亡す、と言つた。
如水は自らを称して賭博師と言つたが、機至る時は天下を的に一命をはる天来の性根が終生カサ頭にうづまいてゐる。
尤も、この性根は戦国の諸豪に共通の肚の底だが、如水には薄気味の悪い実力がある。
家康は実力第一の人ではあるが温和である。
ところが黒田のカサ頭は常に心の許しがたい奴だ、と秀吉は人に洩した。
如水は半兵衛の忠告を思ひだして、ウッカリすると、命が危い、といふことを忘れる日がなくなつた。
九州征伐の時、如水と仙石権兵衛は軍監で、今日の参謀総長といふところ、戦後には九州一ヶ国の大名になる約束で数多あまたの武功をたてた。
如水は城攻めの名人で、櫓をつくり、高所へ大砲をあげて城中へ落す、その頃の大砲は打つといふほど飛ばないのだから仕方がない。
かういふ珍手もあみだした。
事に当つて策略縦横、戦へば常に勝つたが、一方の仙石権兵衛は単純な腕力主義で、猪突一方、石川五右衛門をねぢふせるには向くけれども、参謀長は荷が重い。
大敗北を蒙り、領地を召しあげられる始末であつた。
けれども秀吉は毒気のない権兵衛づれが好きなので、後日再び然るべき大名に復活した。
如水は大いに武功があつたが、一国を与へる約束が、豊前のうち六郡、たつた十二万石。
小早川隆景が七十万石、佐々成政が五十万石、いさゝか相違が甚しい。

コメントは受け付けていません。

..