PLEASE SMILE AGAIN

iphone4dockingstation.net

iPhoneのカメラロールの写真をフリックして整理できるアプリ「Flic」

「Flic」はiPhoneのカメラロールの写真をフリックして整理できるアプリです。写真を左右にフリックすることで、ストックするか削除するかを選ぶことができますよ。パッパッと写真を整理できるのは楽しいですね。
以下に使ってみた様子を載せておきます。
まずFlicへアクセスしましょう。カメラロールの写真が読み込まれ、右にフリックするとストック、左にフリックすると削除です。
写真をポチポチ選択して削除するより、フリックして1枚1枚選別するほうが楽しいですね。削除される画像のファイルサイズが上部に記されているので、どれくらい容量を節約できたかも確認できます。大量の写真の選別する際にぜひご活用ください。

http://www.lifehacker.jp/2014/11/141104iphoneflic.html

コメントは受け付けていません。

日本政府が人気iPhoneアプリSmartNewsを利用して情報発信を開始

googletag.defineSlot(‘/228502191/iPhoneMania_PC_記事下_右レクタン’,[300,250],’div-gpt-ad-1412685533639-1′).addService(googletag.pubads());
日本政府が人気iPhoneアプリSmartNewsを利用して情報発信を開始-iPhoneMania

http://iphone-mania.jp/news-51675/

コメントは受け付けていません。

新しいiPhone、どっちを使う?

それぞれのスタイラスペンの使い心地ですが、まずワコムの「BambooStylus」は書いた感触も良く、線が途切れたりすることも少なく、快適です。もちろん電池不要。スマートフォンやタブレット全般で汎用的に使えますな。ただ、先端が十分細くはないので、複雑な漢字などを精密に書くのにはやや力不足といった感じです。現在では「BambooStylusalpha」がこのペンに近い位置付けだと思われます。
それからJTTの「Renaissance」。単4形電池によりペン先から静電気を発生するタイプのスタイラスです。感度も筆跡の追従性も良く、ペン先の太さが1.9mmと非常に細いので、複雑な漢字を書く場合も含めて使いやすいです。ただし、電源を入れないとスタイラスとして機能しないこと、ペン先が硬いので書いているときに「コツコツ」と音がするあたり、独特のクセはあります。でも手書き文字入力しやすいのでけっこーオススメ。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/stapa/20141027_672813.html

コメントは受け付けていません。

高級感漂うローズウッドとアルミを組み合わせた『i+CASE CRAFT …

大人にオススメのかっこいいヘッドホン
タッチパネルで操作できる超ハイテクヘッドホンです。
高級感あるかっこいいデザイン!
→ParrotZikワイヤレス・ヘッドホンイエロー・ゴールド
iPhone6、iPhone6Plusアクセサリーまとめ
ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
→iPhone6、iPhone6Plusのケース・グッズまとめ!どんどん追加中!
アクセサリーの選び方に迷ったら・・・
ハードケースとソフトケースの違いが気になったら・・・
→意外と知らない「iPhoneケースについて」まとめました。
バンパーの魅力って?違いは?
→おしゃれにiPhoneを守るならバンパー!選び方とおすすめ製品。
大きな画面の操作はタッチペンが便利!
→タッチペンの選び方&知っておきたい3つのポイント。知らずに買うことなかれ…。

http://www.appbank.net/2014/11/04/goods-books/921913.php

コメントは受け付けていません。

これで完ぺき!SIMフリー版iPhoneへデータを移行する方法

・iPhoneからiPhoneへのデータ移行
最もカンタンなのがこの方法。
今まで使っていた古いiPhoneから、新しいiPhone6、6Plusへデータ移行する手順です。
パソコンと接続してiTunes経由でデータ移行するのが最もシンプルな方法です。最初に古いiPhoneをパソコンに接続し、「バックアップ」をします。続いて、新しいiPhoneを接続し、「バックアップと復元」を行います。これだけでデータの移行が可能です。
しかし、パソコンを使っていない、iTunesを使っていない人はどうすればいいのでしょうか?
この場合は、「iCloud」を使いましょう。
古いiPhone上で「iCloud」を使ってバックアップします。バックアップが完了したら、続いて新しいiPhoneにて「バックアップと復元」を行いましょう。その際、「復元」を選択すると本体が初期化してしまうので注意しましょう。
→iPhone、iPad、またはiPodtouchから新しいデバイスにコンテンツを転送する|Apple
・AndroidスマートフォンからiPhoneへのデータ移行
少し困ってしまうのが、AndroidスマートフォンからiPhoneへのデータ移行です。
キャリア版iPhoneでは、専用アプリを使ってデータ移行する方法もありますが、SIMフリー版はそうはいきません。
今回は、パソコンいらず、比較的カンタンな方法を2つ紹介しましょう!
1.アドレス帳がGoogleアカウントと紐付いている場合
Androidのアドレス帳登録を行う際、「Googleアカウント」を選択している場合は、Google側にアドレス帳も自動バックアップされています。
iPhoneの「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントを追加」の順にタップしていき、画面に表示されている「Google」を選択。
名前:自分でわかるものならなんでもいい
メール:Gmailのメールアドレス
パスワード:Googleのパスワード
詳細:自分用のメモ
を入力し、「連絡先」をオンにすることで、iPhoneへGoogleの連絡先が自動的に入ります。
「メール/連絡先/カレンダー」ではGoogleを選ぼう
この方法はカンタンなのですが、「Googleアカウントへアドレス帳を保存している」ことが前提となります。
2.アドレス帳がGoogleアカウントと紐付いていない場合
JSバックアップはAndroidにもiPhoneにも対応しています
特に意識しないでアドレス帳を登録した場合、多くの人が「Googleアカウントとアドレス帳が紐付いているのかどうか、そもそもわからない」状態といえます。
その際に有効なのが、「JSバックアップ」(無料)というアプリ。Android向け、iPhone向けに用意されています。
「JSバックアップ」アプリはiPhoneにも対応していて、アプリを起動してから「復元」を選択するだけ。多少時間が掛かるもののデータ移行がカンタンに出来ます。

http://sim.oshiete.goo.ne.jp/colum/20141028/

コメントは受け付けていません。

iPhone 6「曲がる」だけじゃなく新たに「変色する」という問題が

ポケット内で曲がってしまったり、髪の毛やひげが挟まったりする問題が指摘されていたAppleの「iPhone6」に、今度は色が変化してしまう事例が発生し、IT系インターネットメディアのBGRに読者からの指摘が相次いでいます。
AnewiPhone6problemarises:DyefromjeansisruiningtheiPhone’splasticstrips|BGR
iPhoneシリーズ始まって以来の大型化を遂げたAppleのiPhone6は、ポケットの中に入れておくと本体が曲がってしまう問題や、通話中に髪の毛やひげを挟み込んでしまう問題が指摘され、インターネット上では「ウォーターゲート事件」にちなんで「Bendgate(ベンドゲート)事件」や「Hairgate(ヘアゲート)事件」などと名付けられて話題になりました。
発表から1カ月が過ぎ、ようやくiPhone6に関する話題が落ち着いてきたのですが、今度は「iPhoneが変色してしまう」という問題が指摘され始めています。BGRに読者から送られてきた写真を見ると、iPhone6の背面の上部と下部についている白いプラスチックの部分が青くなっているのがわかります。
iPhone6の白いプラスチック部分が青く変色したのはジーンズの染料が原因とのこと。何でも、ユーザーがジーンズのポケットにiPhone6を入れていたところ、ジーンズの青い染料が背面の白いプラスチック部分に移ってしまったようです。
こちらは変色していないiPhone6で、上記の画像と比べてみると、どれくらい変色しているかよくわかります。

http://news.livedoor.com/article/detail/9402390/

コメントは受け付けていません。

【格安SIM】SIMフリーiPhoneをソフトバンクから「IIJmio(BIC SIM)」に …

2014年11月1日、ソフトバンクの縛りが開けたタイミングで、ビックカメラ池袋店で「IIJmio(BICSIM)」にMNPしてきました。所要時間は約4時間。格安SIM人気の大混雑で、思っていたよりかなり時間がかかりました。MNPした様子を時系列でレポートします。
MNPとは?MNPに必要なものは?
そもそも「MNP」とは、ナンバーポータビリティ(MobileNumberPortability)のことで、現在使用している電話番号を他のキャリアでも使用できるようにする制度です。大手キャリアよりも大幅に通信費が安くなる「格安SIM」が登場し、MNPを利用して移る人たちが増えています。
MNPするために必要なのは、MNP予約番号です。これは使用している携帯電話会社から取得します。この準備に関しては、【格安SIM】11月1日にソフトバンクから「IIJmio」ファミリーシェアプランにMNPする予定という記事で書いていますので参考にしてください。
今回はMNP移転先として「IIJmio(BICSIM)」のファミリーシェアプランを選択しました。中身は「IIJmio」ですが、ビックカメラの公衆無線LANサービスが無料でついてくるのと、ビックカメラ店頭で即日MNPができるのが魅力です。
「IIJmio(BICSIM)」に即日MNPができる「BICSIMカウンター」がある店舗と、契約時に必要なものはコチラからご確認ください(MNP予約番号と免許証とクレジットカードがあれば大丈夫です)。
実録!格安SIM「IIJmio(BICSIM)」へのMNP!
10時10分
浦和から最も近いのが池袋だったので、池袋のビックカメラに向かいました。店に到着したのは10時10分くらいでした。朝一に行けば30分くらいでサクッと手続きを終えられると思いきや、既に20人くらいの行列ができていました。
店員さんに聞くと、一人あたり20〜30分程度かかるので、だいたい2時間くらいはかかるでしょう、とのこと。昼前までには帰宅する予定でいたのですが、とりあえず並んでみることにしました。
番号札が配られました。既にカウンターで手続きしている人たちがいたので、恐らく25番目くらいだと思います。カウンターは最初は3席、後に4席に増席されていました。
12時45分
約2時間半待って、ようやく自分の番が回ってきました。膝はガクガク、腰も痛いです。周囲の目が気にならないなら、絶対にイスはあった方が良いですし、水分補給ができるものも持参した方が良いでしょう。まさかこんなことになるとは思いませんでした。
係りの方の説明を受け、契約はiPadを使って行います。住所や電話番号、MNP番号やクレジットカードなどの番号を入力し、約30分ほどで申請は完了します。この時に、料金プランも選択します。ファミリーシェアプランの場合は、欲しいSIMの枚数や種類も選びます。
ファミリーシェアプランのSIMカードのプランを変更する際は、後から2,160円かかるとのことだったので、データ専用でいいのか、サイズはどうするのか、といったことは予め確定しておいた方が良いでしょう。ぼくはメインがnanoSIMの音声通話で、残りの2枚はmicroSIMのデータ専用です。もちろんSMS付きや音声通話付きにすることもできます。
13時15分
「IIJmio(BICSIM)」の申し込みが完了しました。1時間後の受け取りを指定されます。その後、iPhoneは使っていたところ、14時に回線が不通になったのを確認しました。
14時15分
ビックカメラに戻り「IIJmio(BICSIM)」のSIMカードを受け取りました。そのままの状態ではiPhoneが使えないので、SIMカードを取り出すためのピックをお借りして、とりあえずSIMカードだけソフトバンクから「IIJmio(BICSIM)」に交換しておきました。その後、レジにてSIMカード代を精算し(約3,000円)手続きは全て完了です。
約4時間の長丁場、なかなかハードでした。ぼくと同じように、11月1日から縛りの開ける人が殺到していたのかもしれません。並んでいた人たちは老若男女様々で「格安SIM」が浸透し始めていることを実感しました。
iPhoneの「IIJmio(BICSIM)」のAPN設定はどうする?
さて、SIMカードがドコモになり、左上の通信回線の表示も「docomo」になったのは良いのですが、実はそのままではネットは使えません。詳しくは「IIJmio(BICSIM)」に設定のための書類が入っているのですが、APN構成ファイルというのをインストールする必要があります。これは「IIJmio(BICSIM)」のアクセスポイントの設定ファイルです。
店頭で有償サポートも受けられるようですが、特に契約時には必要とするかどうか聞かれなかったので、不安な人は確認してみてください。

http://blogos.com/article/97889/

コメントは受け付けていません。

他社iPhone/Androidの下取りも可能! – iPhone 6へのMNPは …

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの主要3キャリアが「iPhone6」「iPhone6Plus」を発売してから1カ月が経ったが、BCNランキングによれば、発売から30日間のキャリア別販売台数シェアでは、ソフトバンク版が45.6%で首位だったという。3社が同じ機種を取り扱う中、ソフトバンクが選ばれている理由はどこにあるのだろうか?そこで本稿では、MNPを利用したiPhone6/6Plusの購入に着目し、ソフトバンクの各種キャンペーンをチェックしていきたい。
○他社の中古端末を下取りに出せるソフトバンクのMNP向けキャンペーン
iPhone6/6Plusをお得に購入したい人が、まず検討したいのがMNP(携帯電話番号ポータビリティ)による乗り換えだろう。昨年のiPhone5s/5c発売時のような各社の”キャッシュバック合戦”こそ沈静化したものの、MNPを利用すれば、各種割引によってiPhone6/6Plusをお得に購入することができる。
ソフトバンクでは、MNP向けキャンペーンとして「のりかえ下取りプログラム」を提供しており、他社の中古のiPhoneに加えて、Androidスマートフォンやフィーチャーフォン(従来型携帯電話)の下取りを実施している。下取り額が24回に分けて通信料金から割引かれる形で、たとえば、ドコモまたはKDDIの「iPhone5s64GB」「GalaxyS5」「XperiaZ2/ZL2」の場合、最大43,200円の割引を受けることが可能。
なお、上記は10月31日までの割引金額となり、11月1日からは下取り額が改定されて減額となる。MNPでソフトバンクのiPhone6/6Plusの購入を検討している人は、下取り額が減額される前に早めに手続きしたほうが良さそうだ。
さらに、ソフトバンクでは、のりかえ下取りプログラムと併用可能なMNP向けキャンペーンとして「のりかえ割」も提供している。同キャンペーンの特典は、加入する料金プランによって異なり、新料金プランの「スマ放題」に加入した場合、Tポイント10,000円分の一括付与、または通信料金から10,800円割引(1,080円×10カ月の分割割引)のいずれかを選択可能。
両キャンペーンを併用すれば、たとえばスマ放題に加入する場合、最大54,000円分の割引を受けることが可能だ。iPhone6/6Plusの実質負担額を大きく上回る割引金額となっており、新しいiPhoneをお得に入手することができるだろう。キャンペーンは10月31日までなので、利用する場合はこちらに注意したい。
○ドコモやKDDIのMNPキャンペーンと比較
なお、ドコモとKDDIでも同様にMNP向けキャンペーンを実施している。ドコモでは、他社のiPhoneを下取りして最大43,200円分を割引する「iPhone下取りプログラム」を実施。ただし、下取りの対象となるのはiPhoneのみで、Androidスマートフォンやフィーチャーフォンは対象外となっている。また、「おかえりボーナス」として、以前ドコモを利用していたユーザーを対象に、解約時のドコモポイント相当額と10,800円を端末代金から割引く特典を提供しているが、10月31日までの割引金額となる。
また、KDDIでは、MNP向けキャンペーンの「auにかえる割Plus」を提供しており、新料金プラン「カケホとデジラ」に加入した場合は、auWALLETカードに10,000円分がチャージされ、従来プランの「LTEプラン」に加入した場合は、基本使用料1,008円(税込)が2年間無料になる特典を受けることが可能。あわせて、下取りキャンペーンも10月31日まで実施しており、他社のiPhone、Android、フィーチャーフォンを最大43,200円で下取りし、端末代金の割引およびauWALLETカードへのチャージで還元している。
3社のMNP向けキャンペーンをまとめると、上記のようになっており、各社ほぼ同様だ。ただし、ドコモの場合、10,800円分の「おかえりボーナス」が、以前同社を利用していたMNPユーザーのみを対象としている点が他社と異なる。また、料金プランについては、新料金プランの「カケホーダイ&パケあえる」しか選択できず、従来プランは新規受付が終了となっていることにも注意が必要だ。

http://yukan-news.ameba.jp/20141028-30035/

コメントは受け付けていません。

本物志向のビジネスマンに。小物が入るiPhone 6用高級レザーケース

さあ、これが「レザーコインカバーforiPhone6」です。カラーはブラックとキャメル、そしてグレーがラインアップ。キャメルはiPhone5s/5用のものよりも若干色を抑え、男性的な高級感が引き立っています。
上がiPhone6用、下がiPhone5s/5用です。比べるとサイズが大きくなっているのがわかります。
前モデルと比べると、iPhone6に最適化されている点や改良された点があります。
iPhone6は、電源ボタンが側面に移動。そのため、iPhone6用(下)では、電源ボタン部分がわかりやすいように加工されています。
お次は上面。左がiPhone6用、右がiPhone5s/5用です。iPhone6用では電源ボタンがないので、革ベルト部分が幅広くなり安定性が増しています。
底面です。iPhone6のスピーカーやマイクのレイアウトに合わせて変更されているのがわかります。
ジッパー部分です。左がiPhone6用、右がiPhone5s/5用。iPhone6用のほうがジッパー部分の持ち手が大きくなって、より開けやすくなっています。
ただ単に、iPhone6のサイズに合わせただけでなく、細かいところまで改良されているのがわかります。もちろん使い勝手もアップしています。
ケース自体に厚みがあるため、iPhone6の出っ張ったレンズ部分もしっかり保護。万が一落としてしまっても、レンズがぶつかる可能性は低くなります。
フリップ部分を開けるとカードスリットがあります。ここにICカードを入れておけば、買い物の精算や電車の乗車もスムーズになります。擬似ApplePayが味わえます。
本体のフリップ部分は、小銭入れになっています。iPhone6サイズなので、大量の小銭が入れられますね。
しかし!小銭だけしか入らないというわけではありません。前モデルに比べサイズアップしているため、小銭以外のいろいろなものを入れることができるのです。
そこで、小銭以外にどんなものが入るのか、タイプ別にご紹介しましょう。
小銭以外にこんなものを入れられます
●ガジェットセット
USBメモリやLightningケーブルといった小物類を入れておけば、iPhoneの充電や出先でパソコンからデータをもらうというときに役立ちます。
●ビジネスセット
ビジネスマンにとって打ち合わせ時の口臭も気になるところ。ミントタブレットを入れておけば、いつでも息爽やか。
いざというときのために、5,000円札や1万円札を忍ばせておくのもいいですね。取引先との急な飲み会の誘いにも対応できます。
予備の名刺を入れておくこともできます。ビジネスマンにとって名刺切れは一大事。ここに名刺を忍ばせておけば、いざというとき役立ちます。
●ミュージックセット
音楽好きな方にオススメなのが、お気に入りのヘッドホンの収納。カナルタイプのヘッドホンならば丸めて入れておくことができます。
iPhone6に音楽をたくさん入れて、お気に入りのヘッドホンで音楽を聞けばごきげん。このケース1台で、音楽プレーヤーとヘッドホンを手軽に持ち歩けます。

http://www.gizmodo.jp/2014/10/bzglam_for_iphone_6.html

コメントは受け付けていません。

写真を背面に映せる電子ペーパー付きiPhoneカバー「popSLATE」

「popSLATE」は電子ペーパー付iPhoneカバーです。iPhoneカバーに電子ペーパーがついており、iPhoneと通信できます。写真を撮って、その写真をiPhoneカバーに映すことができるようです。
まずpopSLATEへアクセスしましょう。
このように背面にEinkのディスプレイがついており、そこに写真や画像などを映すことができます。いつでも変更できるので、iPhoneカバーの楽しみが増えますね。

http://www.lifehacker.jp/2014/11/141104iphonepopslate.html

コメントは受け付けていません。